地震保険

コラムをご覧の皆さまこんにちは

 

熊本の地震から2カ月ほど経ちましたが、仮設住宅の工事があまり進んでいないらしく

 

ニュースでも、まだ2百数十世帯しか入居できていないと伝えておりました。

 

東北の地震の時よりだいぶ遅いそうです。

 

避難所での生活が続くと、かなりストレスが重なるでしょうから早く何とかならないものかと思います。

 

静岡のお客様は、この様な時の為に地震保険を備えておくのも大切だと思います。

 

ご相談はお気軽に(株)リスクマネジメントまでどうぞ。

 

山田進介

 

続きを読む

またもや値上げ!?

最近ニュースでよくやっていますが、地震や噴火が頻繁に起きています。

去年の7月にも地震保険の改定があり保険料が上がりましたが、また値上げの話しが出てきました。

今回の値上げ幅は全国平均で20~30%と言われています。(ちなみに去年は全国平均で15.5%高くなりました。)

地震保険の加入率も年々増えているのに、さらに値上げするのは、それだけ巨大地震での被害が今まで想定していた以上に大きくなると予想されているということですね。

家計の負担は増えますが、大きな地震が来た時に補償があるとないでは金銭的な不安や生活を立て直すまでの時間が全然変わってきますので、巨大地震が来ると言われている地域の方は少しでも備えておいた方がいいかもしれませんね。

続きを読む

地震保険など自然災害に備えましょう。

最近、頻繁に大きな地震が起きております。

地震保険の加入内容等、今一度、点検してみてはいかがでしょうか?

地震保険は、一般的には火災保険とセットとなっております。

地震以外にも、自然災害、例えば台風災害や河川の氾濫による洪水

被害等・・・様々なことが起こりえます。

火災保険の内容によっては、このような自然災害も補償の対象にする

ことができます。

現在、ご加入されております、火災保険ならびに地震保険等で、内容

点検をご希望の方は、ぜひ、(株)リスクマネジメントまで、ご連絡下さ

い。

増田 達也

続きを読む

地震保険料の値上げ?

先日の新聞の記事に、「地震保険料の値上げ」について書かれていました。

2014年の7月以降、全国平均で15.5.%上がってしまうことになってしまうことになりそうです。

しかも静岡は地震のリスクが大きい地域ですので、建物によっては30%も上がってしまうということも書かれていました。

しかし耐震の建物の最大割引率も30%→50%に拡大されるという話もでているので、あまり影響のない方もいらっしゃるかもしれません。

地震保険は1年契約と5年契約がありますので、値上がる前に5年契約にしてしまえば少し節約になりますね。

続きを読む

地震に負けないための3つのポイント

3月11日の東日本大震災から約半年が経ちました。

半年経った今でもがれきが残っている所があったり、原発の問題もあったりとまだまだ問題は山積みだと思います。

日本は世界有数の地震大国であり、世界中の地震の約10%が日本で発生しています。
また、今後30年以内に首都圏や東海地震(マグニチュード7~8ぐらい)の発生する可能性が70%~80%と言われています。

「地震は起こる」ということを前提に事前の準備を進めましょう。

今回は地震に負けないための3つのポイントを紹介させていただきたいと思います。

①非常用の持ち出し品の準備

非常用の持ち出し品の準備は、すぐにできる対策です。
といっても、家族構成によって必要なものや量も変わります。

地震発生直後は国からの支援はほとんど期待できません。
2~3日間支援物資がなくても困らないよう、買い置きできるものは多めに用意しておくようにしましょう。

②家具の備え

地震が起こると家具が倒れてくるだけでなく、それによって逃げ遅れたり室内でケガをすることがあります。

落ちたり倒れたりするものは固定をし、重いものは低い場所におくことが重要です。

特に寝室や子供、高齢者のいる部屋にはなるべく大きな家具は置かないようにしましょう。

③復興への備え

地震により建物が倒壊したり、地震を原因として発生した火災については通常の火災保険では補償されないので注意が必要です。

これらを補償するためには地震保険の加入が必要になります。

日本では国や自治体による再築費用の支援は困難であり、また義援金などの支援があったとしても、時期も金額もニーズに合ったものとは限りません。

地震で壊れた住まいを再築し、生活を復興させるためには個人での備えと努力が必要になります。

地震はいつ起こるか分かりません。明日起こるかもしれない地震に負けないよう、今日何が出来るかを考えてみましょう。

(株)リスクマネジメント   雨宮 善人
https://www.rm0906.com/

続きを読む

長期優良住宅

最近、耳にされるようになりました『長期優良住宅』におけます、保険料の割

引制度のご案内をさせていただきます。

長期優良住宅(2009年6月4日に施行されました「長期優良住宅の普及の

促進に関する法律」に基づき建築され、所管行政庁より長期優良住宅の認

定を受けた住宅)の認定を受けた建物、またはその建物に収容される家財

のご契約について、地震保険料が20%または30%割引されることになりま

した。ただし、2011年7月1日以降、地震保険の保険期間が開始されるご

契約が対象となります。割引適用にあたりましては、長期優良住宅認定に

関します確認資料をご提出いただきます。ご提出いただける確認資料の種

類によりまして、割引の%が異なります。

割引に関する、ご質問等がありましたら、弊社までご連絡ください。

増田 達也     https://www.rm0906.com/

続きを読む

大地震の脅威|静岡県富士宮での大きな地震

先日、東日本大地震に続き、静岡(富士宮を中心に)でも震度6強という、大きな地震が起きました。

1年半ほど前にも、震度6を超える地震が静岡(清水区を中心に)では起きているため、今回の地震については、揺れと同時に、すぐ身体が反応することができました。

静岡で、今回起きた地震を考えてみても、いかに東日本の地震が大きいものであるかが、よくわかりました。

静岡、特に私たちの職域、また生活圏であるこの清水区は、この度の東日本大地震は他人事ではありません。同じ規模の地震が起きれば、きっと同じような津波による二次災害により、町が消えてしまうかもしれません。

日本に住む以上、地震に対する備えは当たり前かもしれませんが、私同様、まだまだ地震対策が不十分と感じられる方々は、今からでも遅くありませんので、ぜひ備えをしてください。

守れる命(自分自身も含め)は一つでも守っていきたいと切に思いました。被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。復興を信じ、強い気持ちで生きてください。

増田 達也
https://www.rm0906.com/

続きを読む

ニュージーランドの大地震

2011年2月22日、ニュージーランド南島の最大都市のクライストチャーチ

でM6.3の大地震が発生しました。現在、犠牲者の数は140名を超え、行方

不明者の方々も、今なお200名を超えているとのことです。

私事ですが、20年ほど前に友人数名とニュージーランドへ旅行しました。

大自然の美しさ、歴史観ただよう建造物、そして何よりも旅先での人々のやさ

しさを想い出します。

この度の地震で被災されました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。なお、

今だ行方不明となられております方々が、一日も早く救出れることを切に願

います。

ニュージーランド同様、日本も地震大国です。防災意識の更なる向上はもち

ろん、現在、みなさんがご準備されております生命の保障、地震等の災害に

も対応できるお怪我の補償、家屋の倒壊等に備えられる地震保険の点検を

おすすめ致します。

https://www.rm0906.com/

増田 達也

続きを読む

損害保険協会が地震保険のCM

防災の日が近いですね。

毎年このぐらいの時期になると、損害保険協会が地震保険のCMを流しているのに気がつきます。

ここ数年は私のお客さんは、火災保険加入時に地震保険もつける方がほぼ100%でしたが、去年の地震からは更に意識が高くなったのを感じます。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、地震が原因で起きた火災などは通常の火災保険では補償されませんので、地震保険への加入が必要です。

また被災された時の保険金の払われ方が、実損払いとは違いますので、確認しておいた方がよいかもしれませんね。

続きを読む

震災後どうですか?|地震保険の準備を考えて。

早いもので地震発生から1か月が経過しようとしていますが

その後みなさまどうですか?

私は近日中にまた大きな揺れがくるのではないかと心配でしたが

今のところは来ていません。しかし忘れたころにくるのが天災であると

思いますのでみなさんも気を付けてください。

当社のお客様でここ最近になって地震の損害を報告された方が

いらっしゃいました。

家の中と屋根が大丈夫だったので気にしていなかったそうですが

最近になって外壁にいくつもひびが入っているのに気がついた

という事でした。このようなケースもあると思いますので

今一度被害の確認をされたほうがよろしいかと思います。

地震保険に加入していないお客様は早めのご検討はどうでしょうか?

続きを読む