必要な保障の考え方(3)

前回保障としてこの3つ

1 お葬式代やローンの清算その他に必要な資金

2 残された家族の生活にかかるお給料のような資金

3 病気やケガでの治療に備える資金

を書きましたが、1,2については万一の為の備え、という事になります。

生命保険に加入されている方は、とりあえず加入していれば安心。ということで、1000万円や2000万円程の死亡保障をつけている方も多いようです。

奥様や子供さんがいらっしゃる方は少し考えていただくとわかりますが、加入している死亡保障の金額を、ご自分の年収で単純に割り算してみると、子供さんが独立して働けるようになるまでの年数に比べて不足してしまう方は、少し見直したほうが良いかもしれませんね。

例えば、年収400万円で5歳のお子様がいる方で、加入している死亡保障が2000万円だと、子供さんが20歳位になって働けるようになるまでの年数には不足してしまいます。

困りますよね。

更新による保険料アップをしないで、子供さんが独立するまでの生活の保障を確保されたい方・・・・・・ご相談ください。

良い方法を提案できます(笑)            山田 進介
    
https://www.rm0906.com

続きを読む

プロ意識としての誇り|プロの保険代理店として。

 4月10、11日(土、日)と、昨年度の労を兼ねて某保険会社のパーティーに招かれました。
 パーティーのゲストもサプライズで、”堀北真希”さんやサッカー日本代表監督の“岡田監督”が出演したり、とても盛り上がったパーティーとなりました。

 その後の2次会で六本木まで出向き、知っている方も多いと思いますが、2年ぶりに「O魚」というお店のショーや、マジックショーのお店、ものまねのショーのお店といった具合で3軒のお店をハシゴして日付けが変わった数時間後にホテルへ戻りました。
 どのお店もとても楽しませてもらいました。
 
 その中で思ったのが、ショーをしている方々のパフォーマンスです。
いかにお客様に満足し楽しんで帰ってもらうかという熱い気持ちがこちらにも伝わってきました。
 さすが”プロ”(テレビに出ている方もいました)といった感じでした。

 仕事の事も忘れ思いっきり楽しむ事ができて本当にいい数時間でしたが、その時感じたのですがショーに出演した方々の「プロ魂」でした。
 彼(彼女)らから伝わる表情、身体の動きは観ている我々の心を不思議と引き込んでいきます。

 仕事の違いはあるものの、自分もお客様を相手にするという共通なところがありますが自分自身まだまだあまいなぁ・・・と感じさせられました。
 もっともっとお客様ために何ができるか、どうしたらお客様に喜んでもらえるかを考えながらパフォーマンスし、お客様に本当の意味で必要とされる存在にならなければいけないという大切なことを再認識させてもらった、あっという間の数時間でした。

  https://rm0906.com/

続きを読む