理想的な保障とは

コラムをご覧のみなさまこんにちは

今日、保険会社の主催するセミナーに参加してきました。

2時間半に渡るセミナーで長かったのですが、とても為になるもので、実際にガンなどの3大疾病で治療されている方々の声なども聞くことが出来ました。

私どもの仕事をしていますと、お客様へお話しする時にどうしても資料などで見聞きした情報を基にしての、保険商品や社会保障の説明になってしまうのですが、実際に重い病気を経験された方のお話だとやはり言葉の重みを感じることが出来ます。

今日の講師の方のお話の中で印象に残ったものの一つですが、

「FPの方で、(病気で治療することになっても、健康保険の高額療養費の給付があるから自己負担は8万円強で済みます。だから保険会社の医療保険など必要ありません。)
とおっしゃっている方がいますが、その方はご自分が重い入院治療を経験していないからそんなことを口にするのです。
元気で働けている時の8万円とまともに働けなくなった時の8万円は重みがまるで違います。」

とお話しされていました。

現行の社会保障の制度も、今後どうなるかわからないですし、前から私も同じようなことは考えていましたが、お話を聞いてやはりそうなんだなと思いました。

他にはガンなどの入院もかなり短期入院になっていることは、自分のお客様で経験された方などにお話を聞いて存じていましたが、場合によっては1泊2日で退院もありえると聞いて驚きました。

ただ手術方法が高度になってきており費用は増える方向だそうです。

そんなことから、医療保険は入院限度日数は少なくても良いけど、給付日額は多めで一時金がなるべく出るような保障がこれからは良いと言えそうです。

あと医療技術が進歩してきて死亡に至らないまでも、かわりに介護状態の方が増えていくそうなので、そのような備えも必要になりそうです。

お客様へのご提案に参考にさせていただこうと思いました。

山田進介

続きを読む

リスクマネジメントとしての想い

生命保険の現状として、全国の世帯の約9割の人がすでに生命保険に加入されているといわれています。

しかし、加入されている人の約7割の人たちが自分の加入している生命保険の内容が理解できていなかったり、万が一の時の保障としてこれで大丈夫なのか…?と不安に感じているようです。

私はこの数字を見てとても矛盾を感じました。

保険というのは「安心」を買う。万が一の時のお守り。として広くみなさんに浸透していて、みなさんもそのために保険料を払っていますよね?

にもかかわらずなぜこれほどの人たちが自分の加入している保険に対してこれでいいのか?と不安に思っているのか…

それは生命保険というモノが目に見えない商品でお客様が形としてイメージができていないからだと思います。

リスクマネジメントとしてはそんな形に見えない生命保険という商品をお客様がイメージできるようにわかりやすくアドバイスさせて頂いております。

当社で加入してください!という押し売りはしません!
ただ、お客様にとって少しでも役に立つ情報を1人でも多くの人に伝えたいという思いで私は日々働いています。そうすれば7割の不安に思っている人たちを少しでも減らすことができると信じているからです。

お客様の変わらない明日を守るために、1人でも多くのお客様を守りたいと思います。

保険・生命保険・その他なんでもご相談ください!
長崎店・草薙店
株式会社 リスクマネジメント  担当: 雨宮 善人

続きを読む

保障の目的とは?

コラムをご覧の皆様、こんにちは、こんばんは。

私が、お客様に保障のお話をさせていただく時はたいてい話すのですが、保険には何のために加入されるのでしょうか?

万一の保障は、ご自分に何かあったときに子供さんの養育の為にお金を残してあげたいのが主な目的だと思います。病気やケガでの治療の保障は、ご自分が入院や手術したときに給付金を出してもらうのが主な目的だと思います。

そうして考えると、何年かして子供さんが独立して働けるようになったら、万一の保障はあまりいらなくなってきますよね?
でも、入院手術などの治療費の保障は、子供さんが独立したあとも、ご自分が生きている限りは必要ですよね?

つまり、保障が必要な時期が少しずれていると思います。

なのに、なぜか死亡保障が主契約になっていて、入院や手術の保障が特約になっている保険に加入されている方は結構見かけます。
将来、必要なくなったからと言って、特約を残しておいて、主契約をはずすと言うことは仕組み上できません。

もう少しだけご自分の加入内容を確認してみませんか?

例えば、毎月保険料を15,000円、25才から55才まで払っていたら540万円にもなります。

ご自分の保険料はいくらになりますか?

保険以外にも、住宅資金や投資の事などでもご相談ください。
http://www.hw-shizuoka.com//?cage=inquiry&act=inquiry_top

山田

続きを読む

ネット生保の長所、短所   比較、相談、見直しの 保険ウェリナ静岡草薙店(株式会社リスクマネジメント)

 最近、テレビCMでもなじみがある”ネット生保”ですが一番の印象は

なんと言っても保険料の安さだと思いますが皆様はいかがですか?

生命保険の保険料は保険会社が予定死亡率と、予定利率をもとに

算出しますがこれは、ネット生保も国内生保、外資生保、カタカナ生保も

あまり変わりはないはずですが、ネット生保は店舗も営業職員もない為

経費が大幅に削減できることと、保険金支払いの少ない若者層をマーケット

にして保険金の支払いを抑えることで利益を出すことで低料金の保険料が

実現できています。通販の自動車保険も同じです。

あと、商品がシンプルでわかりやすいことも特徴としてあげられます。

 しかしこの保険料の安さと商品のわかりやすさが魅力でもありますが

これらを自己責任の中ですべてを自分で行わなければなりません。

保険を検討する際は、税金、年金、医療などの知識がないと適切な商品

を選択することは難しく、また保険料の払い込みが終身払い、10年更新型

であるため、ライフスタイルにあわせながら自分で”保険を管理、保全”を

しなくてはいけません。特に更新型の場合、平均寿命で見た場合60歳65歳

の短期払いより支払保険料が多くなってしまうこともあるので注意が必要

です。一方通常型の生命保険は安さとシンプルさではかないませんが、

保険は奥が深いので対面しながら”何でも気軽に相談したりアドバイスを

受けられる” 知識を持っている営業員、代理店等で保険を検討する事が

できれば、ネット生保にはこのような「付加価値」はありません。

いずれにしても保険の購入方法に注意は必要ですが、どこから購入するか

はご自身の判断なのでしっかりと時間をかけて検討しましょう。

 保険ウェリナ静岡草薙店 http://www.hw-shizuoka.com/

 募集代理店 株式会社リスクマネジメント https://www.rm0906.com/

岩辺 博之

続きを読む

静岡長崎店・草薙店では緩和型の保険も取扱しております。保険相談、保険比較ができる静岡草薙にある保険ウェリナ静岡草薙店。募集代理店㈱リスクマネジメント

「どなたでも・・・または持病をお持ちの方でも・・・入れる保険があります。」最近

、雑誌やテレビCMなどで、こんな言葉を見聞きされている方も多いかと思いますが、

ある一定の条件(告知)をクリアーされる方は、たしかに保険に加入することができる商

品があります。(緩和型医療保険など)ただし、保険会社によって加入時の告知事項が異

なっていたり、保障内容・保障範囲が違っていたりします。弊社では複数の保険会社を取

扱っております。もちろん、先に述べさせていただきました、引受緩和型の保険(医療保

険など)の取扱いもさせていただいております。健康に不安をかかえておられる方、すで

に持病をお持ちで保険加入を諦めていた方・・・諦めるのは、まだ早いです。弊社(株)

リスクマネジメント、もしくは保険ウェリナ静岡・草薙店まで、お気軽にご連絡・ご来

店下さい。弊社スタッフがわかりやすく、また丁寧にご説明させていただきます。

増田 達也

株式会社リスクマネジメント  https://www.rm0906.com/

保険ウェリナ静岡 草薙店   http://www.hw-shizuoka.com/

続きを読む

生命保険のイメージ

こんにちは、久しぶりのコラムになってしまいました。スミマセン。

みなさんは生命保険のイメージって、どんな感じでしょうか?

私はこの仕事をやる前、生命保険は大嫌いで、親に言われて嫌々に安い国民共済に加入していました。

なので生命保険に加入したがらないお客さんの気持ちは、よ~くわかります(笑)

しかし今現在は、お客様からよく生命保険の相談を受けて毎年、年間200件以上の契約加入をいただいております。

ひそかに、年間200本安打を継続しているイチロー選手に張り合っています。レベル違いすぎですが・・・(悲)

生命保険って遺族保障のことに話が行きがちですが、そうばかりではないと思っております。

万一の時に役に立つのはもちろんですが、万一の事がなくても役に立つプランのご提案が、もと保険嫌いの私には出来ます。

保険以外にも税金、社会保障、住宅や車の事などもよければご相談ください。予約制ですが・・・

山田進介

続きを読む