熱中症

平年より13日早く梅雨が明けました。とうとう暑い夏がやってくるのです。
個人的には夏は苦手ですが、反面楽しみもあります。
ビアガーデン、海の家、カキ氷、風鈴など。

夏といえば熱中症です。
昨年のコラムでも触れましたが、増えていますね。
H22年の熱中症の死亡者は1731名と年々増えています。
その中でなんと45%が家・庭だそうです。
やはり60才以降がぐんと高くなっています。

今の時点で全国で900人以上が病院に運ばれているとのこと。
H22年は53000人が救急搬送され、H21年の4倍にものぼりました。

怖いですね。エアコンを控えての節電熱中症や、高齢者の方は喉が渇かない傾向に
あるみたいです。喉の渇きを覚える前に水分補給をしましょう。

もし様子がおかしい人がいたら、応急処置として
①涼しい場所へ移動し、衣服を緩め、安静に寝かせる。
②扇風機やうちわで風をあてる。
③脇の下、首の後ろ、太ももの付け根を冷やす。(ペットボトルなどでも)
④少しずつ水分を取らせる。
 
脱力感や倦怠感が強くて動けない場合は救急車を呼びましょう!

自分自身は汗っかきなので大丈夫かな、とも思いますが自室では節電とエアコンが古くて
怖いので扇風機で乗り切っています(汗)

保険相談、保険見直しは 静岡 清水の
        株式会社 リスクマネジメント (長崎店)
        保険ウェリナ 静岡       (草薙店)
  
          https://www.rm0906.com/    藤本