静岡に上陸した台風15号の被害で感じた事。定期的な保険のチェック(見直し、相談、比較)の重要性

 21日に台風15号が、静岡(浜松)に上陸して私の住んでる静岡(清水区)

にも沢山の損害をもたらしました。

 当社の委託している某損保会社の方が言っていましたが、台風の翌日の

日中に火災保険の事故報告が500数十件にも及び電話がパンク寸前・・・

とのことでした。

 そこで感じた事ですが、火災保険でも沢山の種類があり、風水害が対象外

の保険もあれば、保険金の支払い対象でも20万以上の損害にならないと

支払われないもの、免責(自己負担)があるもの・・・また、床上45㎝以上

とか、被害額(損害額)の保険金に上限があるものなど、さまざまです。

 あと、店舗などに多い看板の損害が対象になったりならなかったり・・・

また、風で飛ばされた看板で第三者に損害を与えた場合の賠償が対象に

なる、ならないなどさまざまです。

 今回、自動車保険でも車両に損害があっても車両保険が付保されて

いないと支払いの対象になりません。当社だけでもでも台風の翌日に

多くの車両保険の事故報告もありました。

 このように、生命保険の定期的なチェック(見直し、相談、商品の比較、

検討)が必要であるように、建物や自動車などの大切な財産もしっかりと

お守りする意味でも損害保険(火災保険、自動車保険など)の定期的な

チェックは必要です。

 せっかく加入した保険が、いざとなった時支払われなかったら本当に

困りますよね・・・

 何か、ご不明な点、わからない事などありましたら当社に是非とも

ご相談ください。

 ・商品のご相談は、営業部スタッフへ
 ・保険金支払い、事故の相談は、事故調査チームスタッフへ

お気軽にご相談ください。

https://www.rm0906.com/ 株式会社 リスクマネジメント

続きを読む

なめてはいけない、自転車事故

私の住んでいます「静岡」の天気は、小雨で雪こそ降っていませんが
かなり寒いです。
この三連休(暦では)は太平洋側の地域でも雪が降るようで早く春が
来るのが待ちどおしいです・・・
 普段、通勤や私用で自転車を使っている方などはかなり辛いですね。

 今日は、その「自転車」の事故に関わるお話ですが、一般的には
自転車は歩道を走行できないことは皆さん比較的知っている方が多い
と思いますが、歩行者が歩道上で自転車と接触事故を起こした場合
歩行者には責任は無く、全責任は自転車にあると言う事を知っていますか?

 2010年の判例でこの様な判決が出ています。
よく、事故を起こすと、「過失割合」といって加害者、被害者に対して50:50
とか、70:30や80:20といった具合に責任の割合で賠償金の支払額が
決まりますが、上記のケースでは事故の状況に関わりなく、自転車の過失
100%(歩行者0%)という事です。

 自転車なら大事に至らない・・・と思っていたら大間違いで自転車同士、
自転車と歩行者との事故でも死亡事故になるケースも実際にあります。

 団体は別にして、昔は個人用の「自転車保険」がありましたが、今は
個人用の自転車保険の取扱いをしている保険会社は、かなり少なくなって
きていると思います。

 その代わり、今では自動車保険や火災保険の特約で賠償やご自身の
ケガの補償、そして弁護士費用といった補償が割安な保険料で付保できます。

 気になる方はまたご相談くださいね。

  ㈱リスクマネジメント 岩辺 博之 https://www.rm0906.com/

続きを読む