確定申告

そろそろ確定申告の時期ですね。

お勤めの方には確定申告は余り縁がないかもしれませんね。

ただ、下記のような方は対象となるので、税金が還付されるチャンスですので気をつけましょう。

1 医療費控除・・・家族全員分の医療費が所得の5%(所得が200万円以上の場合は10万円)を超えた人。家族全員分をまとめて、家族の誰かが確定申告すればよい。(一般的に、所得が多く税率が高い人が行ったほうが、税金の還付額が多くなる可能性が高い。)
・出産した人又はその配偶者などが妊娠と診断されてからの定期検診や検査などの費用や通院費用や出産で入院するときにタクシーを利用した場合。

・義歯を作った人・・・但し一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものは対象外。

・歯列矯正を受けた人・・・年齢や矯正の目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用。※容貌を美化するための費用は、医療費控除の対象にならない。)
 歯科ローンは、その患者のその立替払をした年(歯科ローン契約が成立した時)の医療費控除の対象になる。(※金利及び手数料相当分は医療費控除の対象にならない。)

・レーシックの費用

・健康診断等の費用・・・健康診断等の結果、重大な疾病が発見されかつ、その診断等に引き続きその疾病の治療を行った場合。(※疾病の治療を行うものではないので、原則として医療費控除の対象とはならない。)

2 マイホームを買ったり売った人
・住宅ローンを組んで家を買って入居した人……住宅ローン控除を受ける場合、初回は確定申告が必要(2年目からは年末調整で処理)
・住宅ローンを組んで家を買って入居した人
・住宅ローンを組んで、特定のリフォームをした人
・耐震工事をした人……住宅ローン控除との併用もできる

3 株式の売買をした人

4 退職してそのあと再就職してない人

5 災害や盗難にあった人

結構あるものですね。年末調整の後に結婚・出産した場合も対象になります。
自分はいつも医療費やお薬の領収書を保管しておきます。
なかなか出番はないですが。

これから消費税や物価の値上がりがあるので財布の紐は硬く締めて、利用できるものは利用しましょう。

保険相談、保険見直しは 静岡 清水の
        株式会社 リスクマネジメント (長崎店)
        保険ウェリナ 静岡       (草薙店)
  
          http://www.rm0906.com/    藤本

続きを読む